カードローンの特徴と使い方

カードローンには他の金融ローン商品と異なるところがいくつかあります。その中でも特徴的なところといえば、使い道に制約がなく、リボルビング払いができて、担保を必要としないというところが挙げられるでしょう。

 

使途自由、リボ払い、無担保という特徴

銀行などが設定している金融ローン商品によくみられるように、ローンといえばたとえば「住宅ローン」「教育ローン」などと、特定の使途のために組むことができるものがあります。それに対してカードローンの場合は、そのような特定の使途が明示されていないということがひとつの特徴です。

 

リボ払いとは「リボルビング払い」のことで、簡単に言えばその月の借入額の大小に関係なく、返済額が一定に定まるという方式のことです。ただしカードローンの場合は返済額が一定とはいっても「残高スライド方式」となる場合がふつうです。

 

これはその月の借入額ではなく、それまでの借入残高総額に応じてその月の返済額が決まってくるというものです。つまり借入総額が多いときほど返済額も大きくなります。逆に借入残高が少なくなってくると、返済額が自動的に少なくなってしまうので、余裕のあるときに繰り上げ返済をしておいたほうが利息が少なくて済むのでお得となります。

 

ローン商品によっては、貸出にあたって不動産や保証人などの担保が必要であると定められているものがあります。ただしカードローンに関してはそのような規定があるものはめったにありません。中には例外的に担保を必要とするカードローンもあって、そのようなローンでは、利率が他のカードローンよりも金利が低く設定されている場合もあります。そのときどきの必要に応じて、どのようなカードローンを利用するのが有利であるのかを考えておきたいものです。

 

貸出限度額の範囲内であれば、利用は自由

一度カードローンを契約すると、貸出限度額(融資極度額)の範囲内であれば、ATMなどを利用して随時必要とするだけの金額を借り入れることができます。審査の結果設定された限度額の枠に応じて、いざというときに借り入れることができる金額が決まってきます。

 

この枠のメリットを大きく評価して、いざというときのための備えとしてカードローンを契約する若い方も多くなっています。この融資枠は、返済実績に応じて随時見直されますから、場合によっては貸出側から融資枠増枠のお知らせがされることもあります。

 

カードローンはクレジットカードのキャッシングと同じ?

利用する側からすれば、カードローンも、クレジットカードのキャッシングも、大きな違いはないと思えるかもしれません。確かに共通するところも多いのですが、クレジットカードのほうには「翌月一括返済」という返済方法があるということに気をつけておくといいです。ただし、カードローンでも一括返済が可能なものもありますし、クレジットカードでもリボ払い返済ができる場合もあります。

 

各カードごとに取り扱いが異なるので、ご利用の際にはよく確認しておくことをおすすめします。また、繰り上げ返済などの際に、返済を受け付けるATMと受け付けないATMとがあります。これもそれぞれのカードによって異なるので、いざというときにあわてないように、あらかじめ調べておくといいでしょう。

 

カードローンを設定している金融機関

一口にカードローンといっても、銀行系、信販系、消費者金融系、ネット銀行など、さまざまな金融機関が設定しているものがあり、その内容もそれぞれのサービスごとに異なっています。また新生銀行の「レイク」のように、以前は消費者金融であったものが銀行系のローンとして統合される例もあり、その都度サービスの内容には微妙な変更が加えられています。自分のニーズに合った最適なカードローンを見つけるためには、各カードローンの違いに敏感になっておくことが必要です。


このページの先頭へ戻る