カードローンとキャッシングの違い

消費者金融などからの借入をすることをカードローン、あるいはキャッシングと呼びます。この2つの言葉の意味には、なにか違いがあるのでしょうか。

 

違いは曖昧

基本的にキャッシングとは、消費者金融やクレジットカードを利用して、現金を借りることを指します。クレジットカードでは一般的に、買い物に利用できる融資枠をショッピング枠、ATMなどから現金を引出すことができる融資枠をキャッシング枠と呼びます。

 

それに対してカードローンは、その融資専用のカードを用意して、そのカードを使った借入のことを言います。

 

両方ともに無担保の個人向け多目的ローンであることに変わりはなく、定義的にはキャッシングのほうが広い意味で使われますが、現在は事実上、この2つの意味に違いはないと言って良いでしょう。

 

なぜキャッシングとカードローンという2つの言葉が使われているのか

すでに言ったように、キャッシングとカードローンの間には、意味合いに現実的な違いはありません。この2つは両方ともに
・無担保融資であること
・保証人が不要であること
・用途を限定しない多目的ローンであること
・融資枠の範囲であれば、繰り返し利用できること
が特徴です。

 

実は少し前までは、上記のような条件の借入は、キャッシングと呼ぶことが一般的でした。そしてやはり以前は、この様な融資を行なうのは、クレジットカードや消費者金融が中心で、銀行はほとんど取り扱っていませんでした。しかし少し前に、消費者金融の過剰な融資による多重債務が社会問題となり、キャッシングという言葉のイメージが悪くなりました。また消費者金融業界の再編が進み、現在はほとんどの消費者金融が、大手銀行を中心とした金融グループの傘下に入るようになりますた。

 

この様な流れの中で、キャッシングについた悪いイメージを払しょくするために、カードローンと名を変えるようになったのです。

 

事実上名前が変わっただけという見方もできますが、実際にはすでに述べたように、銀行グループの傘下に入ったことで、業者の経営が安定して信用度が増し、利用者がより安心して利用できるようになったことも事実です。

 

また最近では銀行本体も、カードローンを積極的に売り出すようになりました。しかし銀行が用意しているカードローンも、実際には消費者金融を保証会社にして提供しているものであり、現実的にはあまり違いはありません。つまり銀行だから安全だとか、消費者金融だから心配であるという考え方は、現在は当てはまらなくなっています。

 

利用者側から見れば、選択肢が増えて、それだけ利用がしやすくなったと言えるかも知れません。より自分の希望条件に適した業者を選ぶことが賢い利用方法です。


このページの先頭へ戻る