カードローンの金利を見るときの注意点

カードローンを利用する時に、ほとんどの人が一番気にするのは、金利かもしれません。ほとんどのカードローンでは、○◯.○%〜○◯.○%という表示をしています。これは借入の金額や、申込者の信用度によって金利が違うので、このような表記になっています。しかしこの金利を気にし過ぎると、結果的に損をすることになるので注意が必要です。

 

現在の法律では、金融機関が個人にお金を融資する時の上限の年利は18.0%と定められています。もしこれ以上の金利を設定していれば、それは違法で無効になります。そして概ね10万円以下などの少額の貸付の場合には、ほとんどの業者ではこの最高限度の18%が適用されます。つまりカードローンを選ぶ時に、下限の金利が低いと言うことは、選ぶ理由にはならないと言うことです。

 

実際の金利は、申込むまで分からないのが現実です。つまりそれだけ申込めば良いのですが、そんな必要はありません。ちなみに複数の業者に短期間で申し込むとブラックになるなどという都市伝説がありますが、それが理由ではありません。申込みだけであれば、好きなだけして大丈夫です。金融業者間は、貸付の情報を共有するシステムはありますが、申込みの情報を共有するシステムは存在しないので、どこに申し込んだのかを知る術はないのです。

 

しかしそんな無駄なことをするよりも、特に少額の融資の場合に注目すべきは、金利よりも手数料です。少額の借入の金利の小数点以下の若干の違いは、返済期間にもよりますが、計算すると数円から数十円です。しかし追加の借入や返済に提携ATMの利用をすると、手数料だけで105円や210円、あるいはそれ以上かかります。

 

この事実から考えれば、注目すべきは金利ではなく手数料であることは、一目瞭然でしょう。


このページの先頭へ戻る