融資限度額についての基礎知識

カードローンの申し込みを検討するのは、「ある一定の額が必要」と判断した結果だと思います。ですから、基本的には希望の金額が借りられなければ意味がない、ということになるので、申し込みの際には「融資限度額」を見比べながらカードローン会社を選ぶ人も多いです。

 

ですが、カードローン会社のサイト等に大きくでている「限度額」は、全ての人に適用される融資限度額ではありません。「最高○○○万円」となっている場合、審査で判断された返済能力によって、○○○万円以下のいずれかの金額に個人の融資限度額が設定されるのです。

 

はじめは限度額が少なめでも、実績を積むことでアップする可能性有り

融資限度額は、現在の状況による信用度と、過去の履歴を合わせて判断されます。正社員として長年高収入を得ていて、家も持ち家だ、ということになれば、はじめての借入でもある程度の融資限度額になる可能性はありますが、一般的には申し込み直後は、限度額は少なめになる傾向にあるようです。

 

限度額アップのために必要なのは、どちらかといえば利用と返済の実績です。ですから、はじめに提示された限度額で少ないと感じたのであれば、毎月コンスタントに利用をし、確実に返済をする、ということを年単位で実行していると、他に問題がない限り、いつか限度額がアップすることがほとんどです。

 

極度額と融資限度額の違い

カードローンのサイトで大きく宣伝されている額は、たいていの場合「極度額」です。どんなに信用と実績のある人でも、この会社のこのカードローンでは○○○円までしか貸すことができませんよ、という額になります。

 

ちなみに、同じく大きく宣伝されていることの多い「最低金利」は、融資限度額が極度額であった場合に適用されます。これについては、次の項で詳しく説明します。

 

利息は融資限度額によって決まる

単純に、融資限度額が大きければ大きいほど、利息は低くなります。とはいえ、いきなり極度額で借りたいと申し込んでも、先に説明してきた通り、信用度や実績によっては審査に落ちてしまったり、それより限度額での契約をすすめられたりすることも多い、というわけです。

 

極度額で契約した場合、少額の借入でも利息は極度額煮対応した低金利が適用されるので、お得なことは確かです。ですが、希望額を必要もないのに大きくしすぎて審査に落ちてしまっては元も子もありませんから、バランスを考えましょう。


このページの先頭へ戻る