カードローンが無担保・保証人なしなのはなぜ

カードロ-ンでは無担保かつ無利息でお金を借り入れることができます。なぜ無担保・無利息でお金を借りることが可能なのか、その理由をここでは説明していきます。

 

金利が高いのは無担保・保証人なしであるため

カードローンは一般的には金利が5%から18%程度で設定されます。賃金協会というところのデータで言うと15%がだいたい平均的な金利として設定されているようです。なお、比較対象として住宅ローンの場合は1%から2%程度です。

 

住宅ローンの場合は返済できなくなってしまうときには担保となっていた住宅を売って、貸したお金を返済してもらうようになっています。銀行にとってはほぼ確実に回収することが可能なわけで、金利が低い代わりにリスクのないおいしいローンと言えます。

 

カードローンでは返済が滞ると銀行は回収ができないために赤字となります。この赤字となる割合は平均的には1%から3%となっています。そのため、少なくともこの金利分が上乗せされていれば全体では損することはないというシステムになっています。このシステムを投入することで無担保・無利息でも利益を出していけることになります。

 

 

銀行のカードローンは保証人が実際にはいる

銀行カードローンを利用するからと言って保証人がいないわけではありません。利用条件に保証会社の保証を受けられる方という条件がつけられているのがそれで、保証人の代わりに万が一の際にリスクをカバーする保証会社というものが用意されているのです。万が一の時は銀行に保証会社からお金が行くようになっており、普段は銀行から保証会社に保証料を支払っています。

 

このシステムは代位弁済と言われますが、勘違いしてはいけないのが保証会社が銀行に代わってお金を支払ってくれると言えども、借りた人がお金を返さなくていいというわけではないということです。立て替えた保証会社に対してお金を支払う必要が出てくるのです。この場合はこれまでと同条件で返済ができるわけではなく金利の上昇や一括返済を求められることが考えられます。

 

銀行カードローンにおいて保証会社と言うのは代替の場合は大手の消費者金融になります。取り立ては銀行からならば厳しくないと甘く見ていると保証会社である消費者金融から取り立てが来るようになってしまいます。銀行カードr-ンも消費者金融も、どちらも消費者金融がリスクをとって貸し出しを行ってくれているのです。


このページの先頭へ戻る