カードローンにおける返済方式ごとの特徴 

カードローンが提供されるようになってから長い年月が経ち、サービスが多様化されてきました。その一つが返済方式で、今では多種多様な返済方式が採用されています。主なものには、元金均等返済、元利均等返済、リボルビング返済、残高スライド返済などがあります。

 

カードローンの中には、返済方式を利用者が選択できるものもあり、給料やボーナスなどの収入額や受給日、日常生活における収支などを考慮して、どの返済方式が自分に適しているのかを見極めることが大切です。

 

元金均等返済方式

借入金額を返済回数で割って算出した元金に、当月分の利息を加えて返済していく方式です。毎月支払う元金の額は常に一定ですが、返済開始当初の月は借入残高が大きいために利息額も大きくなり、従って返済額も高額になります。しかしながら、毎月一定の元金が減少して行くために利息額も減っていくことから、返済回数が増えるごとに、返済金額が減っていきます。

 

元金均等返済方式は元利均等返済方式に比べて元金の減り方が速いために支払う利息が少なくなり、結果的に返済総額も少なくできるのが特徴です。

 

元利均等返済方式

借入金額に返済期間の利息を加えた金額を、毎月一定の金額にして返済していく方式です。毎回返済する金額が一定であるため、生活資金の中で返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

ただし、返済総額が大きくなるという欠点を抱えています。それは、返済額の中から利息分が先に充当されるため、返済開始当初は元金をほとんど返済していないことになり、その分返済回数が増えることになるからです。

 

リボルビング返済方式 

現在のカードローンのほとんどはリボルビング方式を採用しています。カードローンは住宅ローンや自動車ローンと違って使途が自由なため、継続的に利用されることを目的としています。そこで、リボルビング方式を利用すれば、借入のごとに追加契約をして返済金額を割り出す業務をしなくて済み、業務が簡素化されます。

 

リボルビング方式を利用すると、追加の借入をした場合でも、毎月の返済額が変わりません。返済額が一定なので、借入が増えると、返済回数が増えていきます。

 

この方式の最大の欠点は元利均等方式同様、返済額から利息を先に取るため、借入を繰り返していると、常に利息を返済しているだけで、元金は一向に返済していない、という現象を生じさせることです。

 

残高スライド返済方式

リボルビング方式は常に返済額を一定にしていますが、残高スライド方式では借入残高の増減に伴って毎月の返済額も増減するようになっています。例えば、50万円を借り入れた時の返済額は毎月2万円だったのに、借入残高が40万円に減ると、毎月の返済額が自動的に1万5千円に減少するようになります。ただし、残高スライド返済方式の根底にあるのはリボルビング返済方式であるため、返済額から利息を先に取られることに変わりはないので、返済回数や返済総額は大きくなります。

 

一部増額返済

一部増額返済というのは、決められた返済額よりも多く返済することです。カードローンの利息は日割り計算になっているので、1日でも早く、1円でも多く返済することは、返済総額の減少につながります。臨時収入があった時などはぜひ活用すべきです。

 

繰り上げ返済をすることで以下の2つが可能になります。
「期間短縮」‐毎月の返済額を変えなければ、返済回数が減り、利息が大幅に減少します。
「返済額軽減」‐返済回数を変えなければ、返済額が減少して毎月の返済が楽になります。

 

一括完済

借入残高をまとめて返済することです。当然、利息が大幅に減ります。


このページの先頭へ戻る