借入額の総量規制

総量規制とは、個人の借入額が、その人の年収の3分の1を超えてはいけないという決まりです。次で詳しく説明します。

 

総量規制について

簡単にいえば、先ほど書いたとおりの内容なのですが、勘違いしてはならないのが「1つの金融会社から借りている額が年収の3分の1」ではなく、「借り入れのある全ての会社からの借入額を合わせた額が年収の3分の1」ということ。例として、年収が300万円ある人の3分の1は100万円となりますから、すでに1つの会社から100万円を借りていた場合、他の金融会社からは借入することができません。ほとんどの場合、クレジットカードを新しく作ることも難しいのです。

 

逆に、いまの借入が40万円ならば、60万円を他の金融会社から借りることも可能ですし、残りの60万円の枠の中であればクレジットカードを作ることもできます。

 

総量規制がある目的

多重債務に陥って破産してしまう人が多くなってしまったため、そのようなことを防ぐための規制です。総量規制が無かったときには、1人で多数の金融会社から「年収の3分の1」の借入をしてしまう人が多数おり、とても返済できない状況になっていたのです。

 

この総量規制があるところで、闇金等に頼ってしまい、結局破産に至ってしまう人も中にはいるのが現状です。しかし、闇金に手を出す前に総量規制の壁に当たって考え直す人も居るようで、一定の効果はあるようです。

 

総量規制の対象外となる借入

総量規制はあくまでも個人に対しての規制なので、「事業としての借入」は総量規制の対象外になります。もしその人が年収の3分の1の借入があったとしても、事業に使用する目的ではさらに借入ができることになります。

 

現在では、事業用の借入については総量規制のようなルールはありません。つまり、金融会社側が貸出の審査でOKを出してしまえば、いくらでも借り入れできるということです。

 

個人なのに「事業に失敗して何億もの借金を・・・」という話を聞くのは、それが事業としての借入金だからなのです。

 

いつでも3分の1というわけではない

金融会社によっては、「学生は年収の10分の1まで」などと、社内ルールを設けていることもあります。極論を言ってしまえば、ほとんど働いていないので年収が3万円しか無いけど、総量規制に従えば年収の3分の1で1万円を借りることもできる!といった考えも出来るかもしれませんが、こんな審査はほとんど下りません。ほとんど働いていない人にお金を貸すのはリスクが高いことと、1万円程度の貸出では利益も出ません。説明するまでもありませんね。

 

総量規制には細かな例外も少なからず存在していますが、一般的には「借り入れのある全ての会社からの借入額を合わせた額が年収の3分の1」
これにしたがって借り入れすることになります。


このページの先頭へ戻る