カードローンにはどのような種類があるのでしょうか

よく耳にするカードローンやキャッシング、どのような違いがあるのか改めて比較してみましょう。

 

担保が有るのか無いなどの条件が異なるキャッシングですが、おおまかには次の4つのタイプがあります。銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローン、そして、ネット銀行系カードローンの4タイプです。

 

銀行系のカードローンとはどのようなものでしょう

 

今では、大手銀行をはじめ、都市銀行や、地方銀行、さらにはネット銀行でも取り扱うようになったカードローンで、消費者のニーズにも見合ったカードローンといわれています。審査が厳しい反面、融資の金額は大きく、また金利は低めです。なかには、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のように、申込に際しての年収の制限を設けていないところもあります。ただし、審査は申込をする銀行及び保証会社の2社による審査を通らなければならないのでハードルは高いかもしれませんね。

 

銀行系カードローンを利用する場合はどのようなメリットがあるでしょうか

・金利が低めに設定されている
・総量規制を受けていないため、借入の際は年収の3分の1以上も可能となる
・融資限度額が大きい

 

銀行系カードローンを利用する場合はどのようなデメリットがあるでしょうか

・銀行と保証会社の2社による審査があり厳しい
・融資を受けられるまでに平均で1週間かかるといわれており、時間がかかる

 

消費者金融系カードローンはどのようなものでしょう

CMでもおなじみの消費者金融会社、例えばアコム、プロミス、モビットなどの会社が扱っています。銀行系に比べて、融資金額は低くなりますが、融資申し込みから審査を経て、融資を受けられるようになるまでの時間が早いといわれています。すぐにでも融資を受けたい、とお考えの方にとっては利用しやすいカードローンといえるでしょう。

 

金利については、銀行系に比べて若干高めに設定されています。審査は銀行系に比べて緩めですので、定期的に収入があれば審査は通るでしょう。また、ATMで手続が完了できるというのも忙しくて店舗に出向くお時間がない方にとっては、便利なのではないでしょうか。

 

消費者金融系カードローンにはどのようなメリットがあるでしょうか

・融資は即日受けられる場合が多い
・審査の基準が低めなので通りやすい
・返済などでの相談サービスも充実している

 

消費者金融系カードローンにはどのようなデメリットがあるでしょうか

・金利は銀行系カードローンよりも高めに設定されている
・融資の限度額は銀行系に比べると低くなる
・総量規制を受ける

 

信販系カードローン(クレジットカードカードローン)とはどのようなものでしょうか

クレジットカードを発行している会社が提供するサービスの一つにカードローンがあります。クレジットカード会社によって、金利がまちまちであり、金利の設定の仕方も様々なようです。審査は銀行系に比べると緩めといわれています。金利は銀行系に比べて高く設定されているようです。クレジットカードをお持ちの方でしたら、クレジットカードの利用の延長としてカードローンを使うことができるので使いやすいかも知れません。

 

信販系カードローンのメリットはどのようなものでしょうか

・クレジットカード一枚で利用が可能

 

信販系カードローンのデメリットとはどのようなものでしょうか

・銀行系に比べると金利が高く設定されている
・銀行系、また消費者金融系に比べて利用限度額が低くなる
・カードローンサービスを提供しているクレジットカード会社はそれほど多くない

 

ネット銀行系カードローンとはどのようなものでしょうか

最近では一般に認知されてきたネット銀行もカードローンサービスを提供しています。ネット銀行はご存じの通り、店舗は存在しませんので、手続は全てインターネット経由で行います。インターネット経由ですので、自宅に居ながらにして、時間があるときにいつでも手続を行うことができます。また、金利は低めに設定されているようです。

 

ネット銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか

・金利は低めに設定されている
・申し込むと即日融資が可能となることもある
・融資額が高めである
・時々キャンペーンを展開しており、ポイントが付与されるような特典がある
・審査に際しては、他の都市銀行と比べると緩めである

 

ネット銀行カードローンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか

・与信審査が頻繁に行われるため、場合によっては継続して利用ができないことがある
・サービスが変わる可能性がある
・ネット銀行の口座を開設しなければ利用できない場合がある

 

ご自分の状況に応じて、利用しやすいカードローンを賢く選択されることをお奨めいたします。


このページの先頭へ戻る