カードローンの審査記事一覧

カードローンの利用には金融機関の審査が必須となります。申込書の記入にも、「誤字脱字、記入漏れなく正確に記入する」ことが要求されます。これは言われなくとも当然と思われる人が殆どだと思いますが、実はこの時点で審査にひっかかってしまう人が多いそうです。氏名や生年月日は個人信用情報機関に照会する時に必要な情報で、これに間違いがあると照会することが出来ません。信用情報を照会出来ないと、申込者に過去の悪質な延...
貸金業者のカードローンに初めて申し込む人は慣れていないせいか、審査に不可欠なことを漏らしたり、ミスしていたりすることが少なくありません。一度審査に落ちると、改めて申し込みにくくなります。申込書を提出する際には、以下の注意が必要です。他社からの借入額住宅ローンや自動車ローンはいくら残高があっても総量規制には関係しませんが、クレジット会社などからキャッシングを利用している場合は、正確に残高を記入しなけ...
インターネットで申し込みをすると、契約内容の全てがメールで送られてきて、その内容に同意すれば契約が完了するという会社がここ最近では増えてきています。契約書は細々と色々なことが詳細に書かれているため、全てを読んで理解するのは難しいものです。根本的には、契約させる会社側の目で都合の良いことばかりが書かれているのが会員規約ですが、「利用者側の目で見て注意をしなければならない」ポイントを紹介いたします。自...
カードローンの審査は、カードローン会社ごとに独自の基準のがあります。あの会社では審査に通ったのに、こっちの会社では審査に通らないというのは、会社ごとに審査の基準が少しずつ違うからです。ただし、どの会社でも共通している一般的な基準というのがありますので、それを紹介したいと思います。信用情報が高い人と低い人カードローン会社では「信用情報」というのを重視します。これはカードローンやその他のローンで「いく...
カードローンの中には審査に通りにくいものや通りやすいものがあります。借り入れを希望している人ならば当然審査に通りたいものです。カードローンの審査の基準というのはどうなっているのか?どの部分を見れば、審査に通りやすいカードローンなのか?その見極め方はあるのでしょうか?カードローンには様々な企業が行っています。その中でも審査が厳しいと言われているカードローンについてご紹介します。一般的にカードローンの...
カードローンの不安、悩みでよく聞かれるのが、審査に通らないというものです。カードローンの審査が企業によって様々なのは確かですが、それでも審査に通らない理由として考えられる問題は、それほど多様ではありません。他社での借り入れが多い2010年6月に定められた総量規制の対象となる、銀行系以外のカードローンは利用者の年収の1/3までしか融資が出来ません。その上限に達していない場合でも、複数のカードローンを...
審査が通りやすいものを選択する審査に通らないという悩みを抱える人の多くが、銀行カードローンにばかり申し込みをしているようです。銀行カードローンは金利が低いことが特徴の一つですからその気持ちは良く理解出来るのですが、金利が低い分審査が厳しいという特徴も併せ持っているのが銀行カードローンなのです。返済計画をきちんと練る必要はありますが、どうしても銀行カードローンの審査を通らない場合には、審査通過率が高...
カードローンを新規に申し込む場合には、本人であると確認するための証書が必要になります。仮審査はこの証書だけで済ませることができますが、実際にカードを手にしたり融資を受けたりするためには、必ず本人確認のための証書が必要になるのです。「本人確認法」が施行されてからは、以前は本人確認の証書の提示が不要だったクレジットカードの新規申し込みでも、その原本のコピーの提出が求められるようになりました。身分証明書...

このページの先頭へ戻る