カードローンを申込む前のチェック事項

貸金業者のカードローンに初めて申し込む人は慣れていないせいか、審査に不可欠なことを漏らしたり、ミスしていたりすることが少なくありません。一度審査に落ちると、改めて申し込みにくくなります。申込書を提出する際には、以下の注意が必要です。

 

他社からの借入額

住宅ローンや自動車ローンはいくら残高があっても総量規制には関係しませんが、クレジット会社などからキャッシングを利用している場合は、正確に残高を記入しなければなりません。

 

貸金業者は申込者のすべての借入情報を指定信用情報機関に照会するので、嘘を書いてもすぐに見破られます。特に、実際より少なめに記入すると、一番大事な信用を失うので、審査に大きなマイナスとなります。正確な数字を調べておくべきです。

 

在籍確認

審査においては、勤め先への在籍確認は安定的な収入の有無を確認する上で、必須事項となっています。勤め先に電話をしてもつながらないと虚偽記載と思われて、審査に通りません。勤め先の休業日が不定期だったり、ウィークデイが休業日だったりする場合は、事前に貸金業者に通知をしておくことが必要です。

 

電話番号

自宅に固定電話があるのに、家族に知られるのを嫌がって、携帯の番号しか記入しない人がいます。在籍確認は勤め先にするので、自宅にすることはまずありません。また、自宅にする場合も本人以外に貸金業者の名前は出しません。いくら家族でも個人情報は守られます。

 

また、審査においては居住地への定着性の高さが評価の対象になります。固定電話があればそれだけ定着度が高くなるので、評価が上がります。

 

使途

カードローンの借入金は使途が自由になっていますが、使途によってはやはり印象が違います。仮に、申込書に使途を記入する欄があった場合は「レジャー」や「旅行」と書いた方が無難です。「生活資金」と書いたりすると、生活費を貸金業者から借りなければならないほど困窮していると思われます。余計なことで評価を落とすようなことをすることはありません。

 

記入ミス

インターネットからの申込にしろ、申込書による申込にしろ、記入ミスがあると、偽装を疑われることになります。カードローンを利用する人には虚偽申告が少なくないのが実態です。あらぬ疑いを掛けられないように注意が必要です。

 

希望利用額

当然、審査は借入希望の金額が高ければ高いほど、入念に審査をするようになりますし、通過条件も厳しくなります。特に借入を急ぐ場合などは、低めの金額にしておけば、すぐに審査の結果が出ます。

 

一般的に、新規の契約では30万円〜50万円が利用限度額になっているので、その範囲内の金額にしておくべきです。

 

半年以内の申込件数

貸金業者の審査には「申込ブラック」というものがあります。過去、半年以内に4件のカードローンやクレジットカードに申し込むと、過度な借入や作為的な借入と疑われて、申込の時点で却下されます。申込契約は指定信用情報機関に半年間記録されているので、過去、3件の申込をした場合は、4件目は半年が過ぎてから行わなければなりません。


このページの先頭へ戻る