カードローンの審査のハードルの見極め方について

カードローンの中には審査に通りにくいものや通りやすいものがあります。借り入れを希望している人ならば当然審査に通りたいものです。カードローンの審査の基準というのはどうなっているのか?どの部分を見れば、審査に通りやすいカードローンなのか?その見極め方はあるのでしょうか?

 

カードローンには様々な企業が行っています。その中でも審査が厳しいと言われているカードローンについてご紹介します。

 

一般的にカードローンの審査が厳しいと言われている順番で記載します。

・大手都市銀行
・地方銀行
・信託
・ネットバンク
・信販系
・大手の消費者金融
・中小消費者金融

この順番であると言われています。

 

特に大手都市銀行に関して言うと、金利が低いという特徴があります。そのため、審査も一段と厳しくなっています。また、消費者金融系と違い、銀行で借り入れをする際には、銀行側の審査の他に、保証会社の審査も通過する必要があり、厳しいと言われています。

 

カードローンの審査の厳しいと言われているところの特徴というのは、金利にあるようです。金利の低い場合は審査も厳しくなり、金利については一般的な設定をしている場合は、審査の通過率も普通となります。また、金利が高いところに行けば、審査の通過率は高くなるという特徴があります。

 

金利が低いと審査が厳しくなる理由としては、やはり貸し倒れをされた場合、利益が金融機関に入らないため、より慎重に審査をして貸し倒れを防ぐ目的があるようです。逆に高い金利を設定している所では、貸し倒れになった場合でも、金利を高く設定していた分余裕を得ることができているので、審査はゆるくなる傾向にあるようです。

 

カードローンの運営歴によって審査の厳しさが異なっている

審査のノウハウを持たない、新しく出来たカードローンというのは、審査が通りやすい傾向にあるようです。日頃からローンを取り扱ってきている銀行や消費者金融というのは運営歴が長いため、それまでに培ってきた審査のノウハウを持っていますので審査は厳しくなるのです。

 

キャンペーン展開をしているところは審査が通過しやすい

カードローンのキャンペーンを行っているところは、審査に通過しやすい傾向にあります。これは一種の顧客獲得の為のキャンペーンなので、利用者が増えるようにと審査も通過しやすくなっています。

 

経営の計画で利用者の獲得目標数が決まっている為、現状の顧客獲得方法であれば達成できない場合にキャンペーンとして審査を通過しやすくし、積極的に顧客を獲得し、目標数を達成するというものです。


このページの先頭へ戻る