本人確認書類の審査

カードローンを新規に申し込む場合には、本人であると確認するための証書が必要になります。仮審査はこの証書だけで済ませることができますが、実際にカードを手にしたり融資を受けたりするためには、必ず本人確認のための証書が必要になるのです。

 

「本人確認法」が施行されてからは、以前は本人確認の証書の提示が不要だったクレジットカードの新規申し込みでも、その原本のコピーの提出が求められるようになりました。

 

身分証明書は正規のもので有効期限内であればどの身分証明書でも良いのですが、「健康保険証」の場合には注意が必要になります。健康保険証には顔写真が貼られていないので悪用されることも多いのですが、その一方で、その種類によっては本人の証明だけでなく職業の証明にもなる場合があり、そのような種類の保険証の提示は審査に有利に働きます。
場合によっては写真が貼られている運転免許証を提示するよりも有利になるのです。

 

運転免許証やパスポートには写真が貼られていて本人確認には最適と言えますが、一方でこれらから正確に職業を把握することは出来ません。公務員でも大企業の会社員でもフリーターでも無職の人でも、免許証やパスポートは同じものを所持しています。

 

しかし健康保険証の場合、「公務員共済健康保険証」であれば公務員であると確認出来ますし、「社会健康保険証」であればサラリーマンである可能性が高く、非正規雇用だとしても長期間同じところに勤務している人だと推測することが出来ます。「組合健康保険証」では職種まで確認することが出来るので、これらの保険証の場合は審査が有利になるのです。

 

「国民健康保険証」の場合は、自営業者でもフリーターでも無職の人でも持てるので、職業面での証明能力については運転免許証と同様に無力と言えるレベルとなります。最近ではよほど滞納しない限りは、国民健康保険証が自治体から届くようになっていますので、保険料の納入が出来ているかどうかを見極めるのも難しく、返済能力を示す手がかりとしても弱いと思われます。

 

審査で特に重要視される部分ではありませんが、少しでも有利に出来るものは利用するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る