カードローンの審査で重視される点

カードローンの審査は、カードローン会社ごとに独自の基準のがあります。あの会社では審査に通ったのに、こっちの会社では審査に通らないというのは、会社ごとに審査の基準が少しずつ違うからです。ただし、どの会社でも共通している一般的な基準というのがありますので、それを紹介したいと思います。

 

信用情報が高い人と低い人

カードローン会社では「信用情報」というのを重視します。これはカードローンやその他のローンで「いくら借りているのか」「返済に問題はないか」などといったローンに関する信用です。信用情報は、会社ごとに持っているのではなく、信用情報機関を通して共有しており、他の会社でのローンに関しても知ることができます。

 

そのため他の会社で適当な返済をしていたりする場合は、他の会社でもなかなか貸してもらえなくなってしまいます。いわゆる「ブラックリスト」というのは、この信用情報に傷が付いてしまった状態のことです。この状態で借りるのは大変難しいです。

 

信用情報では「返済をきちんとしている人」が評価されるのはもちろんですが、「長い期間、継続利用している」ことも信用につながります。逆にまったくカードローンを使ったことがない人というのは、意外にカードローン会社の信用は高くありません。最初は限度額が低く設定され、利用期間が長くなるにつれて限度額が上がっていくのはそういう理由からでしょう。

 

借りやすい仕事と借りにくい仕事

返済能力というのは、どのような仕事をしているかによりますので重視されます。仕事では職種も軽視されるわけではないですが、どのような労働形態なのかが大切になっています。最上位に評価されるのが公務員で、次点が正社員です。ここで大きく線引きされます。やはり安定した仕事というのは評価が段違いです。

 

正社員とは大きな差がありますが、次が自営業で、その次が契約社員と派遣社員です。やはり非正規雇用は安定していないと思われています。現在は、総量規制によって年収の3分の1までしか借りられなくなってしまったため、パートや専業主婦などは借りるのが大変になってしまったのが現状です。

 

 

これら以外にも、家族構成や、自宅や固定電話の有無など、多数の属性によって審査に通るかどうかは決まりますので、とりあえずは申し込んでみないとなんとも言えません。


このページの先頭へ戻る