カードローンに申し込む際の注意点

カードローンの利用には金融機関の審査が必須となります。

 

申込書の記入にも、「誤字脱字、記入漏れなく正確に記入する」ことが要求されます。これは言われなくとも当然と思われる人が殆どだと思いますが、実はこの時点で審査にひっかかってしまう人が多いそうです。

 

氏名や生年月日は個人信用情報機関に照会する時に必要な情報で、これに間違いがあると照会することが出来ません。信用情報を照会出来ないと、申込者に過去の悪質な延滞や債務整理などの事故情報がないことを確認出来ませんから、審査に通過するのが難しくなります。

 

住所や電話番号も重視される項目です。賃貸物件よりは持ち家、携帯電話よりは固定電話のほうが信頼度が高く、職業では派遣やアルバイトなどの非正規雇用者よりも正社員や公務員のほうが信頼度が高くなっています。勤務先には必ず在籍確認の電話が入りますから、虚偽の情報を記入しても審査に通ることはありません。また勤続年数は3年以上が有利です。

 

正直に書くことが大切

たとえ不利な情報でも、隠したり虚偽の申告をすると、正直に申告するよりももっとずっと信頼が出来ないと判断されます。

 

一度審査に落ちるとその記録は残り、後々の審査にも不利に働きます。最近は特に他社利用状況が重視される傾向があり、中でも借入件数は最重要視されます。この情報は信用情報機関という、金融機関同士の情報ネットワークで共有されているので、虚偽の内容が通ることはまずありません。


このページの先頭へ戻る