新生銀行カードローン レイクの特徴

以前は独立した消費者金融であったレイクが、2008年に株式会社新生銀行に買収されて、現在は株式会社新生銀行が提供するカードローンのブランド名となっているのが新生銀行カードローン レイクです。消費者金融のイメージが強い新生銀行カードローン レイクですが、現在は前述のとおり、新生銀行が提供するカードローンになります。

 

新生銀行カードローン レイクの最大の特徴は、初めての利用の時に、借入の総額が30日間無利息か、借入の5万円までの180日間無利息を選ぶことができるようになっていることです。貸出金利は、4.5%〜18.0%とカードローンとしては一般的ですが、利用によって新生銀行の口座からの他行宛の振込手数料が月に5回まで無料になったり、レイクATM以外に新生銀行ATMやセブン銀行ATMを利用した借入や返済の手数料が無料になるなど、充実のスペックを誇っています。

 

 

レイク


 

 

 

 

 

新生銀行カードローン レイクの主な特徴

金利が低い

公表している貸付金利は、4.5%から18.0%と、カードローンとしては一般的です。しかしこの好評されている金利は、実際の利用者にはあまりあてになりません。例えば、下限金利が低くても、実際にその金利で借りることができるのは、信用度のよほど高い人が、高額を借り入れる時などの一握りに人に限られるからです。実際にそれぞれのカードローンが、どれくらいの金利で貸し出しているのかの判断は簡単ではありませんが、貸出実績を公表している中では、15.4%と低めの設定になっています。

 

審査は厳しめ

以前は消費者金融だったイメージとは違い、審査は比較的厳しいと言われています。あるデータでは、申し込んで実際に融資を受けることができる割合は、約30%程度になっています。これはカードローンの中では、かなり低い水準となっています。にも関わらず、新規顧客シェアは25%前後で、申込み件数も業界トップクラスであることから見ると、無利息期間などを始めとしたサービスで、優良な顧客を集めていると言えるでしょう。

 

スピード審査

融資審査の申し込み後は、仮審査結果が、すぐにネットの画面上で分かるシステムになっています。また平日のインターネットからの申込みで、審査や必要書類の提出などのすべての作業が14時までに終われば、指定口座への振込みによる当日融資が可能です。

 

⇒お借入可能か事前に診断!

 

返済方法

新生銀行カードローン レイクの返済方法で特徴的なのは、残高スライドリボルビング方式と元利定額リボルビング方式の2つから選べることです。また毎月の返済日が自由に設定できることも、良い所です。そして忘れてはいけない長所は、提携ATMの利用による借入と返済の手数料が無料になることです。利用できるATMは全国のコンビニに設置してあるセブン銀行とローソンのATMに加え、他のコンビニに設置してあるイーネットのATM端末になります。カードローンの金利に注目する人はたくさんいますが、実際には手数料負担の方が重要なのは、少し計算すれば分かることです。

 

ここまであげたように、新生銀行カードローン レイクには利用するメリットがたくさんあると言って良いでしょう。

 

新生銀行カードローン レイクを利用するメリット

  • 初回利用なら30日間無利息と5万円までの180日間無利息を選ぶことができる
  • 即日融資が可能※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了
  • 提携ATMの利用手数料が無料
  • 銀行の融資なので、総量規制の対象外
  • スピード審査もあり

 

 

>>申し込みはこちら


このページの先頭へ戻る