貸金業法「総量規制」対象外のカードローン

カードローンで融資を受ける際に注意が必要なのが貸金業法の総量規制です。これは「貸金業」の融資額の上限を、利用者の年収の3分の1までと定める規制です。この規制は1社からの融資を年収の1/3までと定めたものではなく、貸金業者から受けられる融資の「合計」を年収の1/3までと定めたものなので、申込時にすでに他の貸金業者から借入がある場合は、現在の年収の1/3から現在の借入残高を引いた金額までしか借入が出来ません。当然すでに借入残高が年収の1/3になってしまっている場合は、新たに融資を受けることが出来ないのです。

 

ただしこの規制は先にも述べたように「貸金業者」に対する規制ですので、それに該当しない業者からは融資を受けることが可能です。

 

他社融資額に関係なく申し込めるカードローン

複数の借入を1つにまとめることも可能

貸金業法の総量規制の対象外である銀行系のカードローンなら、すでに借入金が年収の1/3に達していても申し込みが出来ます。審査にさえ通ることが出来れば、複数の借入金を1つにまとめる「おまとめローン」も利用可能です。

 

実際に融資が受けられるかどうかは審査次第

銀行カードローンでもローンの申し込みを受けると審査が行われます。ですから申し込みをすることが出来ても、必ず融資を受けられるというわけではありません。金融機関はそれぞれに独自の内部規定で審査基準を定めています。信用情報機関からの情報や申込書の記載事項を元に審査が行われるのですが、銀行系カードローンの審査は消費者金融系よりも厳しいのが一般的ですから、申し込めたとしても審査に通らないことも多々あるのです。

総量規制対象外のカードローンランキング

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

株式会社新生銀行

4.5%〜18.0%

500万円

最大30日間

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

申込み完了画面に表示

○※1

※1 平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了

>>詳細・申し込み

 

公式サイトへ

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間

楽天銀行

4.9%〜14.5%

500万円

無し

審査時間 フリーター・パート レディースキャッシング 即日振り込み

最短即日

なし

>>詳細・申し込み


このページの先頭へ戻る