カードローンの返済記事一覧

カードローンを利用したら、返済をしなければいけませんが、その方法は多岐にわたります。きちんと返済を行わなかった場合には、最悪ブラックリストに載ってしまう事で、これから先、一切カードローンなどを利用できなくなる可能性がありますので、自分が利用したカードローンの返済日や返済方法など、ちゃんと確認をして、返すことのできる範囲でカードローンを利用するようにしましょう。口座振替を利用する自分があらかじめ決め...
残高スライド元利定率リボルビング方式での返済借入後、返済額の残高に応じて、毎月の元金に利息を合わせた返済金額が変動する返済方法を残高スライド元利定率リボルビング方式と言います。住宅ローンを組んだ場合は元金均等返済、または元利均等返済のどちらかを選ぶことになります。このうち、残高スライド元利定率リボルビング方式の長所は毎月の返済金額が低くて済むことです。借り入れが出来たらひとまず安心ですが、その後に...
残高スライドリボルビング方式とは毎月の返済額や最低返済額が、借入残高によって変化していくのが、残高スライドリボルビング方式です。例えば借入残高が100,000円の場合には、毎月の返済額が10,000円となり、借入残高が300,000円の場合には、毎月の返済額が20,000円などという具合に変わります。借入残高が増えるにしたがって、段階的に毎月の返済額も増えていきます。リボルビング払いのデメリットは...
利用した金融会社が返済日をあらかじめ決めているものなので、利用する前に、その会社がどのような返済日の設定をしているのかをよく確認してから、利用するようにしましょう。毎月決められた日に返済1か月に1度、返済をするパターン。返済する日を利用者が決められる事もあったり、何日かあるうちの、どれかを借りた本人があらかじめ選ぶことのできる場合もあります。さらに、きちんと返済させるために、給料日から数日内に返済...
採用率が高いリボルビング方式最近は返済方式として「リボルビング払い」を採用するカードローン会社が増えています。リボルビング方式は利用限度額内なら何度でも借り入れすることが出来て、事前に設定した最少返済額以上の金額を毎月返済していく方式です。ATMでの借り入れや返済が多くなってきたことが、借り入れの度に契約をする必要のないこの方式が多く採用される原因となっています。最少返済額は元金と利息を合計した金...
元利均等返済方式とは、毎月の返済額が一定になる返済方式です。返済額が一定になることで、毎月の返済額が一定になって、返済計画が立てやすいことがこの方法のメリットです。お金を借りた時は、元金が多くなるほど、決められた利息に基づいて計算された利息の金額も多くなります。つまりこの返済方式のデメリットは、元金が多く残っている時に、元金の返済に当てられる金額の割合が少ないことにあります。借入当初などの残金が多...
カードローンは新規申し込み時に審査を通ってしまえば、その後は手軽に便利に利用出来るため、感覚が麻痺してしまいやすく、複数のカードローンから借り入れをしてしまいがちです。気付けば月々の返済額の合計が想定以上に多額になっていて、返済が難しくなってしまうことが多々あるのです。現状把握最初にすべきことは現状をしっかり把握することです。カードローンの返済を困難に感じたら、「カードローン会社ごとの借入額」「そ...

このページの先頭へ戻る