返済日の設定

利用した金融会社が返済日をあらかじめ決めているものなので、利用する前に、その会社がどのような返済日の設定をしているのかをよく確認してから、利用するようにしましょう。

 

毎月決められた日に返済

1か月に1度、返済をするパターン。返済する日を利用者が決められる事もあったり、何日かあるうちの、どれかを借りた本人があらかじめ選ぶことのできる場合もあります。さらに、きちんと返済させるために、給料日から数日内に返済日を設定する場合などもあります。返済日を決めている場合でも、決められた返済日より先に返済をする事も可能な「繰り上げ返済」と呼ばれる返済方法もあります。

 

このような返済方法であれば、決められた日に返済すれば良いので、ちゃんと覚えておくことで、返済日を過ぎてしまったというような事を防ぐことができます。ただ、この返済方法だと、あらかじめ決められているので、どうしても変えたい場合には、初めの契約内容を変更しなくてはいけません。例えば、利用した時とは、仕事先が変わってしまい、給料日が変わってしまったという場合などには、手続きをしなければいけない等のデメリットもあります。

 

35日サイクルの返済方法とは

消費者金融系で多く見られるのが、35日サイクルの返済方法です。この方法は、5週間後の同曜日という、今月の返済した日の次の日から35日以内に返済というサイクルになっています。

 

このような返済方法をとっている場合には、その会社に利益をもたらすしくみになっています。例えば、毎月1回の返済をした場合では、1年間で12回の返済をする事になりますが、これが35日サイクルの場合だと、1年間で10.4回の返済回数になります。これなら、会社側にとっては、5日分の利息が取れる計算になるので、金融会社にとってはメリットがあるといえます。

 

この返済方法の良い所は、借りた側の急な職場の変更などで給料日が変わってしまった場合でも、柔軟に対応できる点ではないでしょうか。ただ、返済する日をつい忘れてしまい、返済が遅れてしまうと言った事も多くみられるのがデメリットで、注意が必要です。最近は、スマートフォン等を使い、返済日を忘れないようなサービスも少しずつ増えているところです。

 

金利の低いカードローンに多い決められた返済日

お金を借りる側にしてみれば、自分で返済する日を決められるのが、一番良いと思いますが、金利が低いローンは、あらかじめ返済日が決まっている物が多いのが現状です。その理由は、その金融会社を利用している人たちが、決められた返済日に返済してくれることで、会社側の確認作業などの手間が省けるという事が挙げられます。そうすれば、様々なコストを削る事もできますので、結果的に金利が低いカードローンを利用してもらう事ができるという事につながるのです。


このページの先頭へ戻る