返済方式・約定返済額

採用率が高いリボルビング方式

最近は返済方式として「リボルビング払い」を採用するカードローン会社が増えています。リボルビング方式は利用限度額内なら何度でも借り入れすることが出来て、事前に設定した最少返済額以上の金額を毎月返済していく方式です。ATMでの借り入れや返済が多くなってきたことが、借り入れの度に契約をする必要のないこの方式が多く採用される原因となっています。

 

最少返済額は元金と利息を合計した金額で、約定返済額とも呼ばれます。この最少返済額の設定方法は、カードローン会社によって違います。「最少」とあるように、これは月々の返済の最低限の額を定めたものであるため、この額以上であれば多めに払うことも可能です。

 

返済金が充当される順位

 

返済額の内訳は元金と利息ですが、これには優先順位があり、カードローンに限らずどのローンでも、返済は利息に優先的に充当されます。また延滞があった場合には返済額の内訳に延滞損害金も含まれることになり、この場合は延滞損害金に優先的に充当されることもありますし、口座振込でキャッシングを利用した場合には振込手数料が優先されることもあります。

 

融資する側からすると、元金はなるべく後回しにして、利息やその他の費用を優先して回収したいという思惑があり、それが反映される形になっているのです。

 

35日サイクル方式の注意点

 

35日サイクル方式では返済日が毎月決まった日ではなく、35日ごとに返済日が来ることになります。当然返済日ギリギリに返済すれば延滞にはならないのですが、常習的に一月ごとではなく35日ごとの返済を続けていると、要注意人物と判断される場合があるので注意が必要です。

 

利用中のカードローン会社に要注意人物と判断されるポイント

(1) 毎回、返済日当日に返済をする
(2) 常に最小返済額しか返済しない
(3) 返済時、返済操作の直後にその場で借り入れをする

 

たとえ決められた条件にのっとった返済、借り入れであっても、このような行為を常に行っていると要注意人物としてマークされる可能性があります。

 

可能な時には早めに、多めに返済することが大切ですし、返済したその足でそのまま新たな借り入れをするような行為は、それが延滞をせずに利用限度額内で借り入れしているだけだとしても、なるべく避けるべきでしょう。


このページの先頭へ戻る