返済方法による違い

残高スライド元利定率リボルビング方式での返済

 

借入後、返済額の残高に応じて、毎月の元金に利息を合わせた返済金額が変動する返済方法を残高スライド元利定率リボルビング方式と言います。

 

住宅ローンを組んだ場合は元金均等返済、または元利均等返済のどちらかを選ぶことになります。このうち、残高スライド元利定率リボルビング方式の長所は毎月の返済金額が低くて済むことです。

 

借り入れが出来たらひとまず安心ですが、その後に続く月々の返済が遅れそうになることがあります。借り入れが済んだらそこで安心しておしまいではなく、これからの返済についてきちんと考えておかなくてはなりません。

 

最後まで返済できるのかというような、新たな心配事が生じ、先行き困った結果にならないようにしたいものです。そこで、返済について心配の少ない方法が残高スライド元利定率リボルビング方式の選択なのです。

 

返済については出来るだけ最後まで安心して済ませたいところですが、この方式では元金の減り方が少ないのが唯一の欠点です。元金がなかなか減らないという事は、毎月利息を多く支払っているという事が言えますので、返済が長引いていつまで続くのだろうという不安を抱くことがあります。

 

ローンを利用する際は、残高スライド元利定率リボルビング方式だとこんな長所と短所があるのだということを考慮しておく必要があります。

 

残高スライド元金定率リボルビング方式での返済

借り入れ金額の利率に利息を足した金額を返済していくのが残高スライド元金定率リボルビング方式です。この方法では返済の月々の返済金額が低く返済しやすいと感じるため、利用者が結構多いようです。

 

ところが、月々の返済金額が低いと、全額を返済するまでの期間は長くかかることになります。この方式は長所も多く、返済方法が分かりやすいため、一つの選択肢にはなりますが、完済までの期間が計算できないとこれもまた心配になるものです。

 

この方式で返済すると毎月不安感を抱いて返済をし続けることになり、このままで大丈夫なのだろうかという声も聞こえてきそうです。借り入れをして、事は片付いたから安心できたけれど、返済が大変、または不安が生じて困ってしまった場合には、キャッシングやローン返済に詳しい専門家に相談に乗ってもらうのが得策です。見直しをしてもらうことでより良い解決方法に導いてくれることでしょう。

 

専門家は、実際の生活スタイルに見合った、無理のない方式であるかを的確に判断しますので、相談しながら解決していくのが望ましいですね。


このページの先頭へ戻る