カードローンの返済方法の種類

残高スライドリボルビング方式とは

毎月の返済額や最低返済額が、借入残高によって変化していくのが、残高スライドリボルビング方式です。

 

例えば借入残高が100,000円の場合には、毎月の返済額が10,000円となり、借入残高が300,000円の場合には、毎月の返済額が20,000円などという具合に変わります。借入残高が増えるにしたがって、段階的に毎月の返済額も増えていきます。

 

リボルビング払いのデメリットは、借入残高が多くて返済額が一定だと、利息充当分が多くなって元金返済が進まないこと、また現金を一定に返済していると、借入残高が多い場合には、月々の返済額も大きくなり、リボルビング払いのメリットが薄れてしまうことにあります。

 

しかしこの残高スライドリボルビング方式であれば、一定の範囲内で毎月の返済額が増えていくので、適度に元金を返済しながら、リボルビング払いのメリットの1つである毎月一定額の返済が実現できるのです。

 

この残高スライドリボルビング方式は、多くの消費者金融やクレジットカードのショッピングにおけるリボ払いに採用されています。

 

そしてこの残高スライドリボルビング方式には、さらに細かく3つの方法に分けることができます。毎月の残高に応じた返済で、残高に応じて段階的に返済額が変わるという部分は共通ですが、利息や元金に充当される金額の算出方法が異なります。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式とは

利息分も合わせた月々の返済金額が、借入の残高に応じて変化していく返済方法が、この残高スライド元利定額リボルビング方式です。この残高スライド元利定額リボルビング方式のメリットは、毎月の返済額を低く抑えることができることにあります。

 

しかし一方で、返済額が少ないということは、その返済額の大部分が利息分に充当されてしまうというデメリットも存在します。この方法で借入をしている時に、追加で借りれをしてしまうと、借金ばかりがどんどん増えてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

 

借入をする場合には、金利や毎月の返済額だけに注目するのではなく、返済額のどれくらいが元金返済の充当に当てられるのがも注意しなくてはなりません。

 

残高スライド元金定額リボルビング方式とは

毎月の元金と利息を合計して返済していく方法が、残高スライド元金定額リボルビング方式となります。この方法では、借入残高に応じて、元金充当額が見直されます。毎月の返済額が残高に応じて一定額であることは変わりありません。

 

残高スライド元金定率リボルビング方式とは

借入の残高によって定率が見直されるのが、残高スライド元利定率リボルビング方式です。この方法の場合には、毎月の元金返済額は決まっていますが、利息を含めた支払額は、残高によって変動することになります。

 

毎月の利用額に関係なく、決められた範囲で月々の返済が一定額になるのがリボルビング払いの最大のメリットで、計画的な返済がしやすいなど、上手に利用すればとても便利なシステムです。しかししっかりと状況を把握して利用しないと、いつのまにか考えていた以上の借入をしていることもありますので、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で利用しましょう。


このページの先頭へ戻る