在日外国人も利用可能な銀行カードローンとは

現在、日本国内には様々な国籍の外国人の方々が在住しており、2世や3世といった方も珍しくはないのです。自国での教育ではなく、日本で教育を受けた人もたくさんいらっしゃいます。そんな方々の悩みの種としては、日本国籍がないという理由で住宅ローンを使用して不動産を購入したり、賃貸住宅になかなか住めないといったことが挙げられます。

 

在日外国人の審査は厳しい

こういった背景には、何かあったら外国人は国外へ逃げてしまう恐れがあるため、日本の企業は警戒しているのです。そのため、住宅ローンなどの融資条件についても厳しい審査が待っているのが現状です。それではカードローンはどうなのでしょうか。カードローンも現金を借りて帰国されてしまうのは、カード会社にとってはかなりのリスクになるので、外国人の借り入れに対してはかなりの証明を要求してきます。ただでさえ、日本で生まれた外国人の子どもなどにとっては帰国する国そのものがないのです。

 

例え外国人でも、登録証や永住権があれば通る可能性があります。しかし外国人でも利用できるカードローンがあります。それがみずほ銀行カードローンです。これは在日外国人の方が日本に永住権を持っていれば申請できます。そして銀行系のカードローンも利用できます。

 

例を挙げると、三井住友のプロミスや「じぶん銀行」運営の「じぶん銀行カードローン」、イオンのイオン銀行カードローン、オリックス銀行のオリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行のマイカードプラス・バンクイックといったことがあれば、外国人登録証や永住権があるだけで申し込みが可能になります。

 

しかし、審査に関してのハードルは日本人よりもむしろ外国人のほうが高く、厳しいことには変わりありません。しかし、しっかりとした申し込みをすることで銀行カードローンを使えるようになるので、必要なら申し込みをしてみてください。チャンスはゼロではありません。


このページの先頭へ戻る